アーカイブ購入専用【月刊土8座 10月号】白紙提出’ 作・演出:磯前千春 出演:さくら煙突+α
5f85572ad24eee245ac6c118 5f85572ad24eee245ac6c118

アーカイブ購入専用【月刊土8座 10月号】白紙提出’ 作・演出:磯前千春 出演:さくら煙突+α

¥500 税込

※こちらはダウンロード商品です

1017_hakushi_teisyutu_.png

8.91KB

【月刊土8座 十月号】 2020年10月17日(土) 午後8:00開演 「白紙提出′」 作・演出 磯前千春 出演 演劇ユニットさくら煙突+α 鑑賞チケットです。 購入後に送付されるQRコードを スマートフォンなどで読み込むと、配信アーカイブの閲覧が可能です。 また本チケットをご購入いただいた方には、 録画動画(良版)が閲覧できるURLを記載したをメールにてお送りいたします。 ※購入に時にご登録いただくアカウントに、正確なメールアドレスのご入力をお願いいたします。 ※送付までに2日〜3営業日必要な場合があります。 購入したのに見れない! URLが送られてこない! などのお問い合わせは、下記ある問い合わせフォームよりご連絡ください。 問い合わせフォーム: https://aera-fujinomiya.com/#section-24 富士山麓のCommunity Space AERA富士宮から 毎月第3土曜日午後8:00より 演劇を生配信でお送りしている月刊土8座。 ついに伝家の宝刀を抜きました。 この「白紙提出」は、第63回全国高等学校演劇大会にて、 茨城県立日立第一高校演劇部が、2016~2017年に上演し、 優秀賞(全国2位)を受賞し国立劇場公演も果たした作品です♪ 「さくら煙突」とはそもそも、 当時の日立第一高校演劇部の部員達が 大学生になっても演劇を続けるべく結成した演劇ユニットです。 今回は、ザ・ジュブナイズ、河原乞食:女子会。の俳優と共働しながら「REMIX版」として配信仕様にリクリエーションしてみる 趣向です。 その他にも劇のストーリーに合わせて映像等をその場で組み合わせて放映してくれる、Visual Jockey(略してVJ)や 坂本龍一や小室哲哉、久石譲が使用している、 定価270万円もするYAMAHAのシンセサイザー「VP1」で作成したBGMを使用するなど豪華コラボが実現した作品となります!! 以下、本作の監修及び、魁!おてんばレーベル主宰/加藤剛史より 今回の「白紙提出’」は続編ではなく、スピンオフでもなく、 オリジナルの作者・演出者が高校生だった頃の自分や自分の言葉と向き合い、今だから出来ることを試行錯誤する。 検証作業だとも言えるかも知れません。 夏の終わりに高校生男子の部屋で起こるささやかな事件を通して、 アイデンティティや人間関係や将来への不安を、軽妙に繊細に描いた普遍的に魅力的で、ソリッドな作品です。 コロナのコの字も無い頃に書かれた筈なのに、確実に今を撃つ。 傍から見ればくだらなくても、当事者にとっては切実な問い掛けの数々は、常に状況に翻弄される人類にとっても他人事で無い気がします。 もしかしたら本作は、配信という様式を手に入れることで、新たなポテンシャルを発揮するかも知れない。 配信演劇ならではの演出やコラボレーションについても打ち合わせながら、鋭意劇づくりに励んでいます。 演劇生配信第4弾にして第2章!! どうぞ、ご期待ください!! 月刊土8座のメンバーへの「デジタル投げ銭」も受け付けております。 画面越しではありますが、会場と出演者が一丸となって、ご自宅で楽しめるコンテンツを配信しております。 楽しかった! おもしろかった! 元気が出た! と思ってくださったら、「投げ銭」という形で出演者と会場をサポートいただけるとうれしいです♪ 投げ銭はこちらから↓↓ https://aera-fujinomiya.stores.jp/items/5f8b92993313d245b7505bb7 よろしくお願いします! #AERA富士宮